•  ホーム
  •  施設紹介
  • 園の特色
  •  保育園生活
  •  お知らせ
  •  その他
  • 保  育  目  標
    愛  星  保  育  園  は
    1.キリスト教真理に基づく保育ニーズの対応を通じた
        「正義・平和・いのちが尊ばれる社会の実現」をめざしています。


    2.子も親も職員もともに育ち合う「子育ち支援」の推進
        大人の都合を優先する子育て支援でなく、一人一人の乳児・幼児の天性の賜物を
        育むための手助けとしての「子育ち支援」を推進しています。

    3.保育サービスを必要な時に必要な形で柔軟に提供
        通常保育をベースに早朝(午前7時)から延長(午後8時15分)までの保育や
        一時保育を実施すると共に心身障害児童や外国籍児童の受け入れなど
        保育サービスを必要な時に必要な形で柔軟に提供しています。

    4.「慌てず 騒がず ゆったりと・待つこころ」の醸成へ取り組む
        児童一人一人のタレントを大切に、支え合い社会の一員であることを日常性の中で
        体得できるよう、また、すべての花や実が一度に咲き、実るのではないように、
        一人一人がそれぞれの時と場所にふさわしく咲き、実るよう
        「慌てず 騒がず ゆったりと・待つこころ」の醸成へ取り組んでいます。

    5.混合保育・協働担任制の推進
        小規模保育所の特性を生かし、年齢区分にとらわれない「混合保育」を通じ
        一人一人の役割の大切さを養うと共に、全職員が子どもの担任となる
        「協働担任制」を推進しています。